昨日結果が届いたんですが、ダメージが大きかった。立ち直ったんで、結果を報告します。

数字は偏差値(四捨五入)です。

英語…60
理系数学…40
物理…50
地学…60

東北大理学部地球科学専修…D判定


次頁にて反省会。
【英語】
英語に関しては実戦よりできたんで期待していたが、あまり取れなかった。特に2問目の和訳でダメ出しされまくった。
でも去年の京大OPよりは大分構造取れてる分マシ。


【数学】
得点は39/300でした。
論外ですね。

二次曲線は初期の計算ミスで0。
数列、不等式も途中の計算ミスで1桁得点。
微積の1つめは積分計算を誤り20点弱。2つめは微分可能かについての論証が不十分で大幅減点。
確率は全事象を書き出しどうにか15点。

何がヤバイってこの時期に計算ミス多発、積分計算で苦戦してることです。別にさっぱり分からず白紙で出したわけでもないので、それさえ出来ればいくらかよくなると思う。あと焦りの余り字が汚かったせいか採点ミスがいくつかあったので、丁寧に書きたい。


【物理】
物理初心者の私にはムズすぎでした。平均23/100ってどうなの?

力学20/34 波動0/32 電磁気0/34

でしたorz
力学は万有引力だったので、地学選択者である私は助かった。でも25位は欲しかった。
波動は当時はほぼ復習が追いついてなく論外。
電磁気に至ってはやってすらなく論外。

今は学習済なので後で解き直す。

【地学】
天文2/20(平均3)
大気5/20(平均6)
鉱物15/20(平均11)
固体地球16/20(平均14)
地質地史12/20(平均10)

天文と気象は平均が低いことを考慮しても酷い。この分野は駿台の冬期講習で完成させる。
一方出来が良かった地球内部の分野も些細なミスや曖昧な言い回しで減点が多かった。論述の採点は厳しくて有り難かった。このためにこの模試を受けたといっても過言ではない。




もう流れが半分筑波に行きかけてる状況ではありますが、間もなく実戦も返ってくるのでそれに期待をしつつ、勉強はいつも以上のペースでやっていきます。


ここ最近は理系科目のセンター対策ばっかやってます。
物理の大問1がやりづらいですね。あれは最初にやるべきなのだろうか。後回しにすべきなのだろうか。色々模索していきます。