200回目の投稿になります。早いなぁ。


かなり久しぶりに地理の演習ノートを開いたら、とても懐かしい紙切れが出てきた。


書かれてる内容は、自分が浪人することを認めてもらうために、私大に行くのと浪人して国公立に行く際にかかる差額を計算したもの。

受かったM治大文学部の学費は4年間で約400万円。既に入学金を払ってたため残りは370万円ほど。

一方国公立は首都大だと236万円。

んで、予備校代30万円は自分で稼ぐと宣言し、浪人が認められた訳です。


ただ以上の話は国公立大に入れた場合を前提に進められた。だからなんとしてでも国公立大に入らねば。

よって東北はあまりにも危険だから、おそらく筑波か首都大を受験することになるかな。



浪人した事で生涯賃金を1年分失った形になったけど、より上の大学に入れることでより条件の良い仕事につけてその差額を埋めることができるはず。

今年やったバイトは時給1000円と恵まれてたため人気が高く、面接で落とされた方が相当数居たらしい。一緒に面接した他の2人も職場では見当たらなかったし。
で、どうやら自分は出身した高校名のおかげで採用が決まったらしい。こんな所でも学歴が問われるのか...と身をもって実感したのであります。


自分は今のところ公務員や教員を考えてるから学歴はさして重要ではないが。



とりあえずセンターを順調に突破できるよう頑張るぞ。
いよいよ明日はパック模試だ!!
12月24日

・数2B青本…76
初めて統計満点とった!
微積が鬼のような計算量で終わらなかった。要領悪すぎた。

・物理青本…80
この調子でいきたい。

・センター化学対策(理論)