きーまの放浪記

あー遠出したいなー

2010年01月

・全期間共通
英語長文&英作1題/1日以上
地理論述(筑波理or筑波文or一橋or阪大or北大or首都大理の赤本)を一日200字分以上
物理ノート眺める(忘れない程度に)www


・1/26~1/30
数C(行列、二次曲線)の演習

・1/31~2/13
微積と数列の演習
筑波赤本(英語、数学)

・2/14~2/19
地学(特に固体地球、鉱物)の復習と早稲田赤本各教科

・2/20~2/25
地学(気象、天文)の復習
筑波赤本(地学)

・2/26~
千葉大後期、神大後期、筑波大後期の赤本
地学(固体地球、岩石鉱物)の演習
千葉大教授のページ見てネタ探しww



以上大まかな方針。主にやるべきことを列挙した。
地学や地理は数学に疲れたら適宜繋ぎに入れるかも。癒されるしww
重症だな。


これから勉強時間の半分以上を数学3Cに費やしますよ~~。


地理は筑波と形式が似てる阪大の他、論文を引用して難問を出す首都大や学芸大、地形図対策として北大、経済地理対策として一橋の過去問を使う。

名大東大京大は方向性違うので使わない。


続きを読む

【前期】筑波-生命環境-地球
【後期】千葉-理-地球科学
に決めました。


筑波はボーダーマイナス4点だけど、記述模試はAまであと1点だったので逆転できるよ!
その模試は確か数学の偏差値が49位だったけどよくB判取れたな。記憶では地理は85、地学が65、英語が65だから数学が課題だ。

筑波の数学は5問中2問が微積、あとは行列二次曲線が一つずつ。そしてBの数列ベクトルから一つ選択。数3Cが80%を占めるから頑張らねば。


二次の科目は数学、英語、(地理地学物理)から2つ。計画では地学は決定、問題見て地理の論述で3コ中2コが書きにくいテーマだったら、物理に逃げる。

目標は
英語90/150 数学100/200
地学80/100 地理60/100
これで合格者平均いけるはず。

ベネッセ情報によると、今年の記述模試で地球学類のB判定以上の人数が、去年の1.5倍近いらしい。難化必至だって。負けないぞ!!


千葉は後期なのにB判定で収まってたので決定。二次は地学の論文テスト。300/600で合格者平均に到達。
小論や面接と違って対策しやすいのが良い。



理科大センター利用はボーダープラス71だから、とんでもないマークミスがない限り大丈夫なはず。

次の入試は2/19の早稲田教育。地学選択者の教室は人少なそうだwww


とりあえず1月中は数学Cの行列と二次曲線を集中的にやろう。



ではこの辺で。



いやぁ、受験校が決まらないと落ち着いて勉強できませんね。


今のところ
前期は筑波or首都or神戸
後期は千葉or神戸
で迷ってます。



神戸前期はボーダー低いから、京理や阪理から流れてきそうだから少し怖い。でも京理はセンターは使われないから難化に伴う流入はないか。一応定員内には入ってるんだけどな。

筑波が去年の1.2倍位の志願者。自分はギリギリ定員内だが、自分の得点前後に大勢いるので怖い。
首都大はボーダー越えてるし、去年より大分志願者少ないけど(去年は異常だった)、物理の配点が高いからなぁ...



後期は多分千葉かな。地学だけだから対策しやすいし。



中期に兵庫県立を受けるかも。理科大以外全滅だったら進学する。東京で受験できるみたいだし。
もし中期にうかっても後期の大学の合否に影響ないよね...?
調べとかなきゃ。



もし神大や兵庫県立大に行くことになったら、寮に入らないとバイトづけの生活になってしまうな。寮の選考に漏れたら悲惨だ。



>>チキマン氏
自分はよく知らないけど、首都大法は結構人気みたいですね。

この学部の入試の欠席率と、蹴られる率は国公立では指折りの高さみたいですね。

科目が国語と英語だけだからかな?

国語が確か独特だったような?もし受けることになったら頑張ってください。

今日は駿ベネと河合のセンターリサーチを出してきた。
環境という文字を30回くらい書いた。疲れたよ。


【国公立前期受験校候補】
1、筑波-生命環境-地球
2、東京学芸大-環境総合科学-自然環境科学
3、神戸-理-地球惑星科学
4、首都大-都市環境-地理環境

1に一番行きたいんだが、化学が酷かったのできつい。二次で地理が使えるのが利点。

2は二次が理科だけなので数学をやらなくてよく、やや安全。しかも物理は1まででOK。ただ二次は1200点と配点が馬鹿でかい。

3は理科総合Bが使えるので急浮上。更にセンター社会の配点が高く、好都合。二次で半分取れれば合格圏。

4は二次で6割以上必要。数学は問題数が少ないから苦手分野が出たらマズイ。地理が二次で使えるが激難(一橋の次位。東大より厄介。)なのであてにならない。よって首都大は多分無い。



【国公立後期受験校候補】
1、筑波-生命環境-地球
2、千葉-理-地球科学
3、神戸-理-地球惑星科学
4、筑波-理工-社会工
5、首都大-都市環境-地理環境


1は前期と同じく化学がネックなうえ、小論の配点が低く逆転しにくい。定員は5人。

2はセンター理科が一つで済む。小論が1400点中600点と配点が高いが、4割取れれば合格。定員は10人。

3は理科総合が使えるほか配点も自分に有利な形。神戸大換算で79%。小論で6割弱必要。定員は10人。

4は理系なのに地歴公民両方必要な珍しい学部。自分のやりたい分野も学べる。定員は20人と多い。
5は去年自分も受けたが、倍率が足切り発動の14倍を越えた。小論で7割弱取れたが落ちた。ちと怖い。



全然決まらねぇ~~
センターリサーチの結果を見て決めます。

理系受験者の多くが受ける物理化学の平均が低いみたいなので、地学を受験した自分はやや有利。


今思えば、去年は勉強時間の8割位を数学3Cと物理2と地学2に割いたんだから、センターの点が去年とあまり変わらないのはしょうがない(甘い?)。

去年の勉強は国公立前期のためにやったんだ。ここで弱気になりすぎるのは良くない。


これからは数3Cや物理を中心に頑張るぞ!



>>怨ヶ苦卿氏
同じ会場でしたかww
しかし市内に会場少なすぎですね。
私は市の南端(相模大野より南)に住んでるので全く逆方向ですね。

【理科総合B】
↑無駄に早起きしたからなんとなく受けてみたwww
生物分野は全部勘だが、地学分野は多分満点。図みれば出来る問題多いよね。
7割位かな?


【数学1A】
絶句。今まで受けてきた中で最も難しいと思う。
稼ぎ頭だったのに...
いつも1の前半→2→3→4→1の後半と解くんだが、3で25分位費やし4は後半空欄のうえ、論理集合は3分で解いた。

確率は462が7で割りきれることに気付かず10点近く落とした。

せいぜい7割強かな。
吐きそう...



このページのトップヘ